chica-chico ☆What's New !

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもの目に優しいバイオライト ( Chica-Chicoの商品情報 )

<<   作成日時 : 2007/02/28 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 最近の子ども達は勉強やTVゲームなどの時間が長くなり、目の悪くなる環境におかれています。
視力は運動能力や体力、記憶力と同じように年齢とともに変化し、乳幼児から幼児期は、遠視が多いとされますが視力は、10歳代でピークを迎え、やがて歳とともに衰え始めほとんどの方は老視になっていきます。
子どもにとって目は、大切な成長期にあたり、目に優しい光が最も必要な時期です。しかし、最近、目の悪い子ども達が多くいます。

その原因となる光の質についてお話をします。
 最も目に優しい光は、チラッキのない自然の太陽光です。しかし、私達が日常使っている蛍光灯や白熱電球は交流電流のため、明減を繰り返しながら点滅しており自然と目の疲れを感じさせます。
 バイオライトは電流を安定した直流に点灯方式を変え、チラッキを解消しています。
人間の最も優しいと言われている日の出30分後の太陽の光、バイオライトはこの太陽の光にきわめて近い特性をもっています。
JIS規格では読書に適した明るさは750ルックス程度を推奨していますが、読みやすさは明るさに比例しています。
バイオライトは約3倍の2000ルックスの照度をもっており、明るいから見えやすく読みやすくなっています。
光の色について言えば蛍光灯は、スペクトルが不連続なため、特定の色が不自然に見えます。
一方白熱電球はやや赤みがって見えます。
バイオライトは朝の太陽と同じスペクトルをつくり、やや白い光なので自然と鮮やかな色が再現され、色を大切にするデザイナー達にも喜ばれています。
目の疲労に対しては、蛍光灯や白熱球の下で読書を行い30分毎の視神経の疲労を測定すると2時間後には、バイオライトに比べると一般白熱球の2.3倍、インバーターの蛍光灯は約4倍もの眼疲労度がでています。

 チカチコでは子どもの大切な目を守るために最も適した光を提供しています。
店内ではバイオライトを展示販売しておりますので実際に見て光の素晴らしさを感じてください。
また、このバイオライトは目の弱い高齢者やデスクワークの激しい働き盛りのお父さん達にも適した照明器具と言えます。

http://www.chica-chico.jp

<<びげじぃじ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子どもの目に優しいバイオライト ( Chica-Chicoの商品情報 ) chica-chico ☆What's New !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる