chica-chico ☆What's New !

アクセスカウンタ

zoom RSS 子育ての環境 中国新聞社「フェニックス」に掲載 Chica-Chicoの子育て

<<   作成日時 : 2007/03/02 02:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像まもなく入園や入学シーズンを迎え、そろそろ子ども部屋のことが気にかかる頃となりました。
先日、中国新聞社発行の情報誌「フェニックス」3月号の「ままきっず」のコーナーで子どもが成長する過程で、どのようなタイミングで「生活環境」を整えればよいか「成長に合わせた子ども部屋づくり」について提言してみました。

1歳〜2歳のころ(脳と身体・本能の発達)
脳と身体が発達し、触れることで楽しみや感動を体験します。しっかり抱きしめながら愛されている安心感を与えてください。
家中がおもちゃ箱のようなもの何にでも興味を持つので危険なものに注意をしましょう。
夫婦の寝室で寝起きを共にし、添い寝をしましょう。

3歳のころ(五感の発達・心の豊かさの芽生え)
自我が芽生え、自由に行動しているようにみえます。五感が育まれて美しさへの感動や生活のリズムなどが大切です。遊びを見守りながら遊びの中から親と一緒に整理整頓をしましょう。親の目の届くリビングや食堂で遊びのコーナーをつくり、見守られている安心感の中で集中力や想像力が自然と養われていきます。

幼稚園のころ(社会生活の準備)
きちんと教えれば理解できる時期です。いいことやいけないことを知る体験がとても大切です。心と身体の発達も著しく、規律やマナーの大切さも教えましよう。
自立のための準備期間です遊びの中から整理整頓やモノを大切に使う習慣も教えましょう。
寝ることとの生活の区分ができるように、個室ではなく夫婦の寝室など目の届くところをベッドコーナーにしては如何でしょうか。

小学校のころ(小さな社会生活の実践)
小さな社会生活を体験する時期です。何でも知りたがり、表情も表現力も豊かになります。
小学校低学年はまだ子ども部屋は必要ありません。学校での勉強や友人関係とのストレスもあります。親に見守られてる場所で宿題や学校での出来事をしっかり聞きながらモノごとの道理を教えてあげてください。子どものエリアーで遊び学び、子ども室で寝るなど自分のことは自分でする自立のための生活習慣をつける環境を整えましょう。

中学校・高校(人間としての思考・モラル)
自立と思考の時期です。価値観や倫理観が育つころ、生活のメリハリを大切に。寝る、学ぶとか独立した子ども室を与えると同時に、個室に引きこもりがないように家族が自然と集まる快適な空間をリビングや食堂に作りましょう。

今回の提言のなかで家族が自然と集まる快適な空間を「家族の知識の泉・・情報コーナー」を作ってはと提言しています。子ども部屋を与えたとき、引きこもりや単なる勉強部屋にならないように、情報コーナーを設け、そこではお母さんが家計簿を付けたり、お父さんはちょつとした書斎がわり、そしてパソコンやTVは子ども部屋でなくここにおいて家族で情報を共有する。そうすることによって何が必要な情報で何を取り入れてはいけないか、家族で一緒に話し合うことによって子どもの価値観や家族の絆も自然と養われていきます。

子どもの心を豊かに育てるためには、遊びや住まいの環境が大切とチカチコは考えています。子育て住まいのお手伝いができればと無料相談も行っていますので気軽に声をかけてください。
この情報誌「フェニクス」をご希望の方は無料でお渡しできますので申し込み下さい。

<<ひげじぃじ

http://www.chica-chico.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子育ての環境 中国新聞社「フェニックス」に掲載 Chica-Chicoの子育て chica-chico ☆What's New !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる