Chica-Chico 子育て・・・季節の変わり目

 画像
 今年は猛暑が長く続き、夏がやっと終わって秋が訪れると思っていたら急に寒い冬が来た。
子供たちにとって季節の変わり目は体調を崩しやすく風邪などを引きやすい時期でもある。しかし、この季節の変わり目こそが子供の情緒を育ませ、五感を育てる大切な時期でもある。
日本は四季という素晴らしい自然を授かっている。四季の春夏秋冬の明確な違いは世界的にも珍しく貴重な財産でもある。この四季によって日本人の素晴らしい精神文化が育まれてきた。
12月に入ると冬が訪れる季節の変わり目を求めて野山や住まいの近くをゆっくりと歩くと、今迄に感じなかった素晴らしい光景に出会える。
ドングリの木の下を通るとドングリがカチッと裂け、葉をたたきながらパチパチと落ちてくる音、下に目をやると仏像さんの頭のようなドングリの笠も落ちている。
周りを見渡すと青々した常緑の木の間に、赤いもみじや黄色い公孫樹などが混ざり合い、木々の季節の変化にも驚かされる。
子どもと一緒に落ち葉拾いをしたり、色々なカタチに並べ絵を描いたり、ドングリでやじろべえや駒など、色々な遊びをつくるのもいい。季節の変わり目は自然から頂いた贈り物で一杯である。

季節の移り変わりや物事の変化は、子どもの情緒や心を豊かに育んでくれる。
人間の想像力や幸せ感はモノゴトの感じ方がとっても大切である。
五感で感じる季節の変わり目こそ、美しさや自然の営みを感じさせ感性を伸ばすこと、それは子どものゆたかな感受性とやさしい心を育むことでもある。

写真は宮島の山からのせせらぎで遊んでいる鹿の親子ともみじの紅葉である。

<<ひげじい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック